*

銀行系キャッシングと消費者系キャッシングの違いとは

公開日: : 良くある質問と注意点

現金貸出であるキャッシングを一つの商品として扱う各金融機関をまとめて、「キャッシング会社」と呼んでいますが、キャッシング会社は幾つかにタイプ分けすることができます。

①銀行
②銀行系
③消費者金融系

この3タイプはどう違うのか、簡単に説明したいと思います。

<<銀行と銀行系は違う>>
まず3つのタイプの大きな違いに関してですが、3つともキャッシング商品を取扱う母体が異なります。銀行キャッシングは銀行が母体であり、銀行系は銀行傘下のキャッシング会社、消費者金融系は消費者金融会社でのキャッシングとなります。

時々、銀行系キャッシングなのに銀行キャッシングと広告を打ち出しているサイトがあり、その逆に銀行キャッシングなのに銀行系とうたうサイトもありますので、注意が必要です。

例えばですが、以前「レイク」は独立した消費者金融会社でしたが、今は新生銀行に買収されましたので、新生銀行カードローン「レイク」となり、列記とした銀行キャッシングとなります。つまり、「レイク」は新生銀行のカードローン部門だと理解できますね。

キャッシングサイトの情報を鵜呑みにせず、利用しようと思うキャッシング会社はどんな会社なのか、親会社はどこなのかなどなど、自分で責任をもって調べることが大切です。

<<サービス内容が異なる>>
また、キャッシング会社のタイプが異なれば、サービス内容にも少し違いが出ます。大きな違いは金利です。

どのタイプのキャッシング会社の金利が高い或いは低いと断定はできませんが、利用する前に、対象となるキャッシング会社の金利とその他の会社のものを十分に比較・検討することで、よりお得な現金借入が可能になるでしょう。

<<審査基準が少し違うという口コミも>>
条件を満たしていれば、銀行、銀行系、消費者金融系に関わらず審査は通過できるのですが、利用者の口コミを参考にすると、銀行キャッシング・カードローンの審査基準は少し高めなようです。

確かに、銀行キャッシングの金利は低めに設定されている傾向がありますので、その分厳格な審査となるのかもしれません。ただし、あくまでも利用者の口コミに過ぎませんので、参考程度としておけばOKです。条件を満たしていれば、意外にもあっさり審査通過できるでしょう。

関連記事

no image

お申し込みから「借り入れ」「返済」までの流れ

キャッシングを申込んでから返済までの流れを理解しておくと、落ち着いて借入申請をすることができますので

記事を読む

no image

キャッシング利用を家族に知られるか不安だけど大丈夫?

現金を借りるというのは決して悪いことでなく、場合によっては節約になるケースも。ただし、周囲のキャッシ

記事を読む

no image

万が一返済が遅れてしまう・・・という場合は

どの金融機関を利用してキャッシングするにしても、借金であることに変わりはありません。借りたものは期日

記事を読む

no image

キャッシング審査時に抑えておきたい注意点

キャッシング申込をすると、申込をしたキャッシング会社から書類を提出するよう求められます。その書類が用

記事を読む

no image

カードローンとキャッシングの違いって何?

財布にお金がほとんど入っていない!という時、頼りになるのがカードローンやキャッシング。現金をちょっと

記事を読む

no image

借り入れ前のシミュレーションを忘れずに

カード1枚あれば、最寄りの銀行ATMやコンビニでキャッシングできる便利な時代ですが、借入はあくまでも

記事を読む

no image

無利息ローン利用の注意点

カードローンやキャッシングを利用する時に、基本的には必ず金利がかかります。というのも、キャッシング金

記事を読む

no image

女性でも安心して利用できるサービスってある?

女性が初めてキャッシングする時、大部分の方は不安を感じるようです。少しでも不安を感じずに安心して利用

記事を読む

Message

no image
プロミスのサービス内容と特徴

キャッシングをしたことがなくても「プロミス」という名前を知らない人はい

アコム
アコムのサービス内容と特徴

これからキャッシングしようという方が利用する会社の選択肢の一つとなると

no image
レイクのサービス内容と特徴

新生銀行のカードローン「レイク」には二つの無利息ローンがあります。新規

no image
女性でも安心して利用できるサービスってある?

女性が初めてキャッシングする時、大部分の方は不安を感じるようです。少し

no image
キャッシング利用を家族に知られるか不安だけど大丈夫?

現金を借りるというのは決して悪いことでなく、場合によっては節約になるケ

→もっと見る

PAGE TOP ↑